アコムが同業者から一目置かれる理由

消費者金融業界の同業他社から見たアコムは、一目置かれる存在と言えます。

アコムが一目置かれる存在である理由の1つ目は、アコムが50年以上の歴史がある消費者金融会社の老舗企業だからです。

そして、アコムは50年以上に渡って、消費者金融業界をリードし続けています。

アコムが一目置かれる存在である理由の2つ目は、アコムは東京証券取引所第1部上場で資本金638億円の消費者金融会社の大手の会社だからです。

消費者金融業界の全盛期の時代にアコムとプロミスと武富士が東京証券取引所第1部に上場しましたが、現在も上場を維持しているのはアコムだけです。

アコムの現在の株価は3,000円前後で推移し、消費者金融会社では他にアイフルとポケットカードが同じく東京証券取引所第1部に上場しています。

アコムが一目置かれる存在である理由の3つ目は、アコムの筆頭株主は三菱UFJフィナンシャルグループでアコム株を36.9%保有していることです。

従って、三菱UFJフィナンシャルグループはアコムの筆頭株主としてアコムとの資本・業務提携を進めアコムの事業規模拡大を図るとともに、アコムから個人無担保カードローンの審査や与信管理の細かいノウハウを吸収しています。

つまり、現在のアコムは完全に三菱UFJフィナンシャルグループの傘下に入ったことになります。

アコムが一目置かれる存在である理由の4つ目は、アコムがタイやインドネシアなどの海外での事業を強化し個人向けの無担保カードローンの開拓に注力していることです。

つまり、三菱UFJフィナンシャルグループをバックに持つアコムは、完全に消費者金融業界のリーディングカンパニーになったと言えます。

そして、今後は三井住友フィナンシャルグループ入りしたプロミスと共に、消費者金融業界をリードしていくことでしょう。

その為には、カードローンの横並びの高い金利を改めて、リーズナブルな金利の消費者金融の時代が待たれます。

お金を今すぐ借りれる業者選びが大切です。

キャッシングで助かった

以前はゴールデンウィークの長期連休中や、年末年始といった時期は銀行の現金自動預け払い機(ATM)での現金引き出しができませんでした。

ある時、ゴールデンウィークの長期連休中に遊びに出かけて、お金が無くなってしまって慌てて銀行ATMで下ろそうとしたところ、預金が引き出せなくて困った事がありました。その時結局、コンビニ(確かセブンイレブン)のATMコーナーでアイフルでキャッシングをして急場をしのいだ事がありました。

その時は、休み明けにすぐに預金を下ろして、すぐに借りたお金を返したので、金利自体もほんの僅かで、ATMの手数料とほぼ同程度か、ひょっとしたらATMの手数料より安かったかもしれません。キャッシングと聞くとなんか少し怖いですが、使い方を間違えなければ便利な面もありますね。

 フリーローン審査のコツは・・・借りるために気を付ける事!